お灸道具の揃え方~臨床家・鍼灸学生さん向け~

 

本格的に透熱灸でお灸療法をしたい方向けに、透熱灸で必要な道具の揃え方をご紹介します。なお、艾の捻り方や点火の練習の仕方は「お灸の練習方法」で紹介します。

 

ツボが正確に取穴出来れば無痕灸でも大きな効果がありますし、広い範囲の冷えは箱灸や棒灸、灸頭鍼等の温熱刺激の方が有痕灸よりも効率よく温められます。昨今は「痕が残る」「手が汚れる」等の理由から、台座灸や円筒灸といった無痕灸を主として灸療をされている先生方も多くなりました。

しかし、凝りのあるツボを砕くという点においては透熱灸の刺激は非常に効果的です。また、透熱灸は艾を自分で捻って艾炷の硬さ・高さを自由に変える事が出来るため、ツボの変化に応じた施灸が出来る点でも、臨床において一つの武器になると思います。

ここでは透熱灸をすえる時の道具の揃え方をご紹介します。

 

続きを読む

お灸道具の揃え方~お灸愛好家の一般の方向け~

 

お灸は古くは有痕灸(火傷の痕が残るお灸療法)が主流で、特に最初の1壮目の「皮切り」は非常に熱さを感じるもので、「皮切りは女に見せる顔じゃなし」と江戸時代の川柳に読まれる程、熱いのは当たり前。その為、今でも良からぬ行動をした罰として「お灸をすえる」という言葉が残っています。

 

時代は身体を使う肉体労働主流からITや事務系等の仕事へと転換していき、インターネットの普及による情報の氾濫、人間関係の複雑化等で精神的な疲労を抱えている人が多くなっています。屈強な筋肉で体力のある肉体労働者に比べ、運動不足傾向の現代人は「昔に比べると熱さに弱く」なり、火傷を起こさせてその免疫反応を賦活する有痕灸よりも、リラックス出来るくらいの熱さでの気持ち良い刺激(無痕灸)を求めているのです。

 

身体の不調は大本をたどれば冷えと熱の不和。例えば頭をフル活動させている人は上半身ばかりに力が入り、相対的に下半身は冷えています。昨今流行りのくるぶし丈のスラッとしたパンツやズボンも、露出させている足首が冷える事で、腰が痛くなったり、肩が凝ってきます。

治療家が行うお灸療法の中には患部の「熱を取り去る」技法もありますが、お灸を愛する一般の方へは「凝りや冷え」に対するお灸療法をお勧めします。

 

 

続きを読む

無痕灸

無痕灸とは

 

無痕灸とは、気持ちの良い温熱刺激でより効果的な生体反応を期待する目的で行う、灸痕の残らない技法。

瘢痕が残るのを嫌う昨今では、鍼灸院での施術やセルフケアにおいて、施灸法の主流となっています。

 

①知熱灸

「知熱」とは「灸熱を感知する」という事で、基本的には小指頭大の粗艾を皮膚に置き点火、患者さんが熱いと感じたら艾炷を素早く取り去る技法です。

 

熱感を感じたら艾炷を取り去るため、身体の深い所に冷えや凝りがあるツボよりも、より皮膚表面に反応のあるツボの施術に適しています。力のない虚のツボにも使用しますが、ほてりや表面の緊張等の実の反応に対しても施灸出来ます。

 

続きを読む

有痕灸

 

 

有痕灸とは

 

直接皮膚の上に艾炷を置いて施灸する技法。生体へ強い刺激を与え、それに伴って生じる生体反応を治療に利用します。

精製度の高い点灸用艾は燃焼温度が比較的低いですが、焦灼灸で使用する精製度の低い粗艾は数百℃で燃焼されます。

昭和の中盤までは多くの鍼灸院では主流の施灸法でしたが、現在有痕灸で施術する鍼灸院は減少しています。また、関東の都市圏では有痕灸は敬遠される事が多いですが、関西方面や四国では有痕灸に抵抗のない方が多いです。

 

①透熱灸

精製度の高い点灸用の艾を直接皮膚に置いて点火し、そのまま焼き切るまで燃やします。一般的に用いられる艾炷の大きさは米粒大前後で円錐形です。ただし、施灸点のツボの状態や目的に応じて艾炷の大きさや硬さは変えます。

 

 

続きを読む