深谷灸法とはー

 

深谷灸法とは、昭和の名灸師・深谷伊三郎先生は、40年余りの臨床体験の中から築いていった灸療の要道です。古典・名著に広く親しみながらも、臨床体験を通して確認・認識された灸療をモットーとしています。

当研究会の例会では深谷灸法の技術の習得と発展を目的に、実技中心の講座を毎月1回開催しています。ここでは例会の様子を紹介していきます。

 

灸法臨床研究会のあゆみ

 

『治療にすぐ役立つ深谷灸法~普及と発展~』より

 

1963年頃から、深谷先生の渋谷の治療院にて、「臨床研究会」としてお灸の研究会がスタートしました。初期は参加者10名程のごくごく内輪の勉強会でしたが、以後年々会員数は増えていき、例会は月2回開催、地方での例会開催も行われ、深谷先生が死去した1974年時点での会員数は250名以上と、かなりの大所帯でした。

 

深谷先生の死去後、臨床研究会の役員が会を引き継いで1974~1984まで「灸治研究会」として活動、その後、1984からは『図説深谷灸法』著者の入江靖二先生が主宰者となって「灸法臨床研究会」として深谷灸法の普及活動を始めました。

 

当時の例会の内容は、病症に対する灸法の解釈と対応、出席者からの質疑応答等による学習で、灸法に関する古典・現代を問わない資料を数多く引用して教材としていました。

1997年に入江先生が死去後、入江先生の影響を強く受けた福島哲也先生がメインの講師として研究会を引き継がれ、現在に至っています。

 

関西方面では臨床家育成会の天野聡子先生、ヨーロッパではフィリップ・カウデット先生がそれぞれ深谷灸法の普及のために研究会を主宰されています。

 

詳細は「深谷灸法継承会」発行の『治療にすぐ役立つ深谷灸法~普及と発展~』をご覧下さい。

 

 

例会について

灸法臨床研究会例会は今年度は7月・2月を除く毎月第4日曜日(11・1月は第5日曜日、12月は第3日曜日開催)に両国の江島杉山神社にて深谷灸法の勉強会を開催しております。

 

午前・午後の2コマ制で、希望者はどの回からでも参加可能ですが、1日を通して参加されると受講料の割引があります。ちなみに、有資格者・無資格者問わず誰でも参加可能ですが、本講座は参加者同士がペアになって施灸(透熱灸)したり取穴したり、と実技が多い実践的な内容になっています。

 

近年、「見学だけ」希望の学生さんもたまにいます。個人の要望には出来るだけ配慮しますが「百聞は一見に如かず 百見は一考に如かず 百考は一行に如かず」とはよく言ったもの、たくさん触ってたくさん施灸を受けて自身の技術として身に付けて頂けると幸いです。

 

2020年度の講座内容は以下の通りです。

COVID-19の感染拡大の影響により、4月・5月の例会は中止、6月の「初級者講座」は「深谷灸法体験会」として13:00~17:00のみの開催となっています。8月以降も内容を変更する場合がございますのでご了承下さい。

 

 

 

 

8月23日(日)は12:30~13:30の時間帯でチュウオーさんの電子温灸器の紹介があります。 

 

 


例会で必要な持ち物

 

灸道具

研究会側でも灸道具の用意はありますが、(なるべく)学校で使用している実技道具や臨床で使用している自身の灸道具をお持ち下さい。

 

※灸熱緩和器(竹筒)はお持ちでない方は研究会でお貸しします。

 

バスタオル

実技時に使用します。会場となる江島杉山神社は畳敷きの本殿をお借りしていますので、床や座布団に火の粉が飛んで焦げを作らないように養生するためにもお願いします。

 

筆記用具

実技時は机を片付けてしまうのでクリップボード等があるとメモを取りやすいです。

 

動きやすい服装

背部や下腿・前腕を取穴する事が多いため、患者着や実技用の服装が望ましいです。

 

内容について

 

※8月までの講座はCOVID-19の感染拡大の影響により、講座の構成内容を変更しています。

9月以降の講座の内容につきましては変更がありましたらお知らせ致します。

 

10:00~12:00 灸基礎講習会

講師:今野裕先生(ゆう鍼灸院院長)

 

午後に行われる「深谷灸法勉強会」では症状別の施灸法の実技を中心に行いますが、午前の基礎ではその前段階として、深谷灸法の基礎的な技術を学びます。

 

①深谷灸法の基礎実技Ⅰ~施灸と取穴の基本練習~(9月・12月)

選穴・取穴と施灸技術についての概論から始まり、艾を実際に捻って点火するための指の訓練法、取穴や灸熱緩和器の基本的な使い方について学びます。この講座に参加する事で、施灸動作や竹筒の使用法の練習の仕方が習得出来ます。

 

②深谷灸法の基礎実技Ⅱ~施灸と取穴の応用練習~(10月・1月)

基礎実技Ⅰで施灸練習の基礎を習得した方向けの講座です(もちろん基礎実技Ⅱからの参加も可能です)。艾しゅの硬さを変えて捻ったり、取穴しにくい督脈の反応点の探り方等を学びます。

 

12:45~13:00 事務局よりの小話

 

※8月の講座まではお休みです

 

今年度の取り組みとして、灸法臨床研究会事務局よりお灸に関するお話をさせて頂きます。『家伝灸物語』(深谷伊三郎著)に登場する各地の家伝灸の現在について月ごとにテーマを変えてお話する予定です。

 

13:00~16:30 深谷灸法勉強会

 

講師:福島哲也先生 新間英雄先生

『お灸で病気を治した話』より、腰痛や肩凝り等テーマを2つ決め、その症状別のツボの取り方を実技中心で学びます。

 

例えば腰痛でも急性(ギックリ腰)と慢性では使うツボや反応点も違ってきますし、筋肉のみの問題かストレス性の問題も絡んでくるのかでも違う対応が必要です。

配布テキスト(『お灸で病気を治した話』等)だけでなく、名灸穴の紹介や施灸のコツ等、本には書いていない実践的な技術を学ぶ事が出来ます。

 

 

本研究会は年会費等はありません。都合の付く月や興味のある内容の時に単発で気軽に参加する事が出来ます。

 

お申込み・詳細は講習会のお申込みへ。